今日中にお金が欲しい! > カードローン即日の概要 > カードローン審査における注意点

カードローン審査における注意点

困る女性一般に、カードローン審査では、評価項目が何項目かあり、各金融業者が定める基準を数値化することで判断が行われています。
 
従って、幾つかの評価項目を把握して、その項目について事前に改善を行うことで、審査にパスしやすくなるといえます。
 
評価項目とは、貸倒れリスクを回避することを目的として、申込み者の信用度を推し量る為に設けられた項目となります。

 

審査項目の内容について

審査をするにあたって、主にチェックが行われる項目をまとめてみました。
 

  • 年齢
    満20歳~70歳の間での制限。
    各ローン会社や消費者金融か銀行での借入かでも上限年齢にバラつきが有り。
    また「○○歳未満」と「○○歳以下」など、違いがあるため注意が必要。
  • 年収
    安定した収入があるかどうかなども確認されます。
    年収によって、カードローンの融資額が変わるため、年収に見合った借入額でない場合、支払い能力がないと判断され審査に落ちる場合も。
  • 勤務形態・勤続年数
    職を転々としている場合や、勤続年数が極端に短いとマイナスイメージに。
  • 居住形態・居住年数
    持ち家か賃貸かなども審査に加わります。
    居住期間が短かったり、引っ越しが頻繁に行われていると、他社での借入を返済せずに逃げているのでは?と疑うポイントとなってしまいます。
  • 家族構成
    既婚者であるのか?子供がいるのかいないのか?などを確認されます。
  • 他社からの借入情報
    現在や過去で他社での借入がある場合に見られる審査。
    借入件数など偽りなく答えるのがポイント。
    嘘があると信用を失い審査に落ちる点にも。

 
上記のように、現職の勤続年数であったり、安定した収入の有無とその年収、持ち家などの状況をチェックされます。
 
因みに最近では、クレジットカードを保有していない人は、逆に審査の時に疑われることがあります。
 
近年の日本といえば、1人平均3枚のクレジットカードを保有するほどのカード社会になっています。
こうしたカード社会の中で、クレジットカードを保有していないことは、過去の自己破産歴を疑われたり、他人に成りすましによる申込みなど、疑惑を持たれやすくなるからです。
 
また、審査の評価項目で最も重要視されるのが、他社での借入額や過去の借入履歴などの項目になります。
当然、他社の債務が多い人は厳しい目で審査が行われますが、虚偽の申告をすることはもっと避けなければいけません。
 
このような、審査基準を知って、より審査を受けやすい環境を自分で作ることも、審査通過のポイントとなるでしょう。


今日お金が欲しい方におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ