カードローンの融資限度額

カードを持つ男性のイラスト一般に、カードローンとキャッシングとの違いに、融資限度額の大きさがあります。
 
カードローンもキャッシングも、無担保の小口融資となりますが、融資限度額だけをみると決して小口の融資とはいえません。
特に、キャッシングよりも融資限度額の大きいカードローンは、500万円から1000万円と高い設定も可能です。
 
総量規制の制限を受けない銀行のカードローンでは、融資限度額1000万円と高い設定も可能ですが、総量規制の制限を受ける消費者金融のカードローンの場合は、融資限度額の前に年収による借入制限を受けることになります。
 

  • 総量規制…個人の借入総額が、原則、年収3分の1までという規制

 
例えば、消費者金融のカードローンを申し込んだ際に、融資限度額が500万円であったとしても、年収が300万円であると、総量規制により100万円以上の借入は出来なくなります。
 
また、申込み者の信用度によっては、表示されている融資限度額まで借入が出来ない可能性もあります。
 
従って、大きな融資を希望しているのであれば、融資限度額のチェックを行う前に、審査にパスするだけの充分な信用のあることが前提となります。
 
融資限度額まで借入が認められなかった場合、複数の金融業者からカードローンの申込みを考える人もいます。
しかし、個人信用情報機構に他社の借入状況データーも保存されていることから、複数の金融業者から融資を受けることも容易ではありません。
 
それならば、複数の金融業者から借入るのではなく、まずは1社と取引を続けて信頼を得ることで、借入限度額を引き上げてもらう方が賢明といえるでしょう。
 


今日お金が欲しい方におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ