カードローンの繰上げ返済

繰り上げ返済一般的にカードローンが分割払いなのに対して、クレジットカードなどのキャッシングの基本は翌月一括払いと、両者には返済方法に違いがあります。
 
当然、分割払いよりも一括払いの方が、利用者としては金利分の負担が軽減されて、総支払額が減少することになります。
 
カードローンやキャッシングを利用する人は、何かしらの理由でお金に困っている人が多くなります。
従って、返済方法も一括払いより金利分の負担が多くなっても、分割払いを選択する人の方が多くなってしまいます。
 
毎月一定額の分割払いであったとしても、まとまった一時金を手にした際には、少しでも繰り上げ返済をすることが有効な手段となります。
 
例えば、会社からのボーナス支給であったり、銀行や保険会社の積立てが満期を迎えたなど、まとまった一時金を手にすることがあります。
 
一般に、カードローンの金利は借入れた期間が長い程、金利負担が大きくなることから、1日でも早く返済することが利益を生み出すことになります。
 
また繰上げ返済は、金利の総負担額を減少させる以外にもメリットがあります。
 
追加のカードローン審査を受ける時には、借入件数が審査の中で重要視されますので、借入れ金額の少ない借入れから優先して繰上げ返済を行い、借入件数を減らす努力を行っておくことで、審査の際に良い影響を与えることになります。
 
さらに、まとまった一時金を手にした場合には、安易に遊興費として使用するのではなく、借金を1つでも完済して精神的な苦痛を和らげて行くことも大切といえるでしょう。
 


今日お金が欲しい方におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ