カードローンの借り換え

ビルカードローンは小口の融資が主体だからといって、計画性もなく借入を繰り返していれば、借金は雪だるま式に積もっていきます。
 
特に、複数の金融業者からカードローンを利用していると、融資限度額の心配が減る代わりに、借入残高が膨れ上がりやすくなります。
 
まして、複数のカードローンを利用していると、返済期日や返済残高の管理、そして引落とされる銀行口座の残高を把握することも難しくなってきて頭を抱えてしまいます。

 
 

複数のカードローンをまとめることでメリットがある

複数の借入先を1つに借り換えることで、借入残高の管理を容易にすると伴に、貸付金利の低減を図ろうとする手法があります。
 
これは複数の借入を1つにまとめることで、1社からの借入金額を高くして、貸付金利を安くなる可能性を探るものです。
 
特に、消費者金融からの借入を銀行のおまとめローンに借り換えが出来れば、貸付金利も低く抑えられる可能性も高く、毎月の支払い負担も軽減されるようになります。
 
ただし、カードローンの借り換えに伴う審査は、カードローン契約時の審査よりも厳しくなります。
これは、借り換えを利用する人は、複数の金融業者からの借入を有しており、その返済に窮している人といえるからです。
 
なお、銀行ではなく消費者金融系列への借り換えであっても、金利面での優遇効果に期待できる可能性は充分にあります。
 
もしも、全ての借入を1つにまとめられなくても、金利面での効果が得られる借入だけを、優先して借り換えを行う手法もあります。
 


今日お金が欲しい方におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ