今日中にお金が欲しい! > カードローンとキャッシング > カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い

考える女性近年、カードローンとキャッシングの差別化が非常に難しくなっています。
 
カードローンは専用のローンカードやクレジットカードを利用して、銀行等の金融機関窓口や備え付けの自動融資機、自社ATM機や提携ATM機からお金を引き出します。
 
同様にキャッシングならば、キャッシングカードやクレジットカードを利用して、同じく金融機関窓口や自社ATM機や提携ATM機からお金を引き出す行為になります。
 
カードローンもキャッシングも、引き出せる融資限度額は契約時に決められている点も同じです。
特に最近では、カードローンとキャッシングを一体化したカードも増えてきており、益々と差別化が難しくなっています。

 
 

カードローンとキャッシングの見分け方

そこで、両者の違いといえるのは、次の2点になります。
 
1点目は返済方法であり、カードローンは分割返済が主流なのに対して、キャッシングは翌月一括返済が主流になります。
 
2点目は、返済方法の違いから比較的高額の融資を受ける際にはカードローンが適することになり、少額融資に向いているのがキャッシングとなります。
 
当然、分割返済の場合は毎月の返済プランを組みやすい反面、借入総額に掛かる金利が高くなってしまいます。
 
これに対して、最近では無利息期間を設ける金融業者が増えるなど、一括返済の方がメリットは多くなります。
 
カードローンやキャッシングを利用する場合は、借入金額を少しでも早く返済する方が賢明といえるでしょう。


今日お金が欲しい方におすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ